Sense Thunder

新型コロナウイルス対策・・・
ソーシャルディスタンスだけで安心できますか?

ハンディータイプと違い、お客様と接触しなくても、体温検知、マスク着用をチェックできます。

体温検知付き顔認証デバイス
・0.5秒で検温・顔認証、マスク着用時でも認識
・「体温異常」と「マスク着用有無」を即検知
・リアルタイムブザー・音声アラート及び通行制御
・利用環境に柔軟に対応可能なラインナップ
管理プラットフォーム
・顔認証デバイスのHDMI出力よりモニタリングチェック
・個人単位で検温結果の管理が可能
・トップ画面に「異常体温者」を警告表示
・測定時の「顔写真」や「体温」をログ画面で確認

サービスの特徴

顔認証技術とAI技術を活用することで、より精度の高い体温検知を実現しています。

測定点の特定 体表温度の測定 AIによる体温推定
AI顔認識より「額」の位置を特定最大11万の温度点から判断
(※市販の非接触体温計は1点のみから判断)
AIが特定した額位置からサーモグラフィカメラで一番高い体表温を取得 「体表温・体温・室温」の3種類のビッグデータにてディープランニングしたAIにより体温測定精度を向上

活用シーン

AI体温検知ソリューションは人が集まる様々な場所に有効です。
近くに高熱の方がいるんじゃないか?という不安は足を遠退かせてしまいます。
施設を利用する方全員が入り口で検温することで安心して施設をご利用いただけます。

仕様

Sense Thunder ESense Thunder Mini
画面サイズ 8インチ5.5インチ
抽出温度点 約11万点約1万点
計測速度0.5秒0.5秒
顔登録人数5万人2万人
外部出力HDMI対応未対応
測定温度誤差+- 0.3℃+- 0.4℃
検知距離0.5m~1.5m0.5m~1.2m