One Hundred Organizations

100の団体を支援する

ライトアームの存在意義
ライトアームで働く意義

ライトアームは、
創業以来さまざまな事業を通じて、
お客様の右腕となって、
サービスや価値を提供し、
会社を成長させ続けてきました。

確かに売り上げは伸ばすことができました。
そのこと自体は素晴らしいことです。

しかし、、、
それだけで良いのだろうか、
会社として意味のあることなのだろうか、
自らに問いかけてきました。

例えば、
働いて稼いだお金で、
地球の裏側で苦しむ子供たちを
助けることができたら、
絶滅が危惧される野生動物を
少しでも救うことができたら、
それこそが「私たちの存在意義」
なのではないか。
ライトアームで働くことを
「誇れる」ようになるのではないか。

ライトアームに関わる全ての皆様が、
ライトアームの存在意義を感じ、
ライトアームと関わることに
誇りを持っていただけるような、
社会貢献活動を推進してまいります。

FLOW

支援決定までのフロー

相談

ご依頼をお待ちしております。

打ち合わせ

社会的必要性があるか、
弊社CSRと合致しているかを検討します。

決定

支援を決定致します。

支援

実際に支援をさせていただきます。

SUPPORT

支援実績

ライトアームが支援している
団体の一部をご紹介します。

01
01

RICCI EVERYDAY

2015年に創業したRICCI EVERYDAYは、カラフルでプレイフルなアフリカンプリントを使用したバッグや雑貨を取扱い、事業活動を通じて世界中の女性が社会的通念や固定観念を乗り越え、本来のありたい姿を見出し実現することができる世界を目指しているブランドです。

(以下、HPより抜粋)
ウガンダの工房では、都市部にくらすシングルマザーや元子ども兵といった、社会的に疎外された人々を「作り手」として生産活動に巻き込んでいます。彼女たちは、元々は高等教育を受けられずコネクションもないためにまともな仕事につけず、日々の生活をどうにか成り立たせてきました。中には、想像を絶するような経験をした人もいます。
従来の価値観に従えば、彼女たちは援助や支援を受ける人たちであり、決して一緒に仕事をするパートナーではありませんでした。
しかし彼女たちは、今では仕事を通じて定期収入を得ながら生活を向上させると同時に、自らが手掛けた製品を誇りをもって世界に送り出すことで自信を得て、本来のありたい姿になって活躍しています。

「彼女たちを取り巻く固定観念を取り払い、彼女たちが輝く場を多く生み出したい。」

私たちはこの想いを大事にしながら、これからも事業と向き合っていきたいと考えています。

RICCI EVERYDAY公式サイト
02
02

アフリカゾウの涙

10年後もアフリカゾウのいる世界を守りたい
アフリカゾウの涙は、アフリカゾウやサイなど絶滅が危惧される野生動物の現状を日本社会および日本国民に伝え、それらの 動物の保護を促進し、それに関連するさまざまな社会的課題を克服するため、一般市民や国内外の団体と連携して、世界的な環境保全への関心を高めるとともに、人と自然が共生する持続可能な社会の構築に寄与することを目的とする認定NPO法人です。

アフリカ育ちの創設者の滝田明日香さんと山脇愛理さんは、2012年に1年間で10%のアフリカゾウが殺された際に、このままでは子供たちが大人になる頃にはゾウがアフリカの大地で見られなくなってしまうことに気づき、アフリカ育ちの日本人である彼女たちだからこそ、実態を変えられるのでは!という想いからアフリカゾウの涙をはじめました。

アフリカゾウと人と森の共生をビジョンに、ケニアだけではなく、地球規模で活動しています。

CAREER

採用情報

CONTACT

お問い合わせ

© 2021 Right Arm inc. All Rights Reserved.